小水力発電計画

(Mini-Hydropower Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年3月
事業
無償資金協力
供与額
17.75億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ラオス政府は2020年に電化率90パーセントを達成することを政策目標として掲げています。しかしながら、最も電化の遅れているラオス北部のポンサリ―県では23パーセント程度にとどまっていました。この協力では、同県ニャットウー郡において、450キロワット規模の小水力発電所の整備および未電化村への配電線の敷設と、売電収益の一部を地元の電化事業に再投資する仕組みを構築し、自立的な電化促進を目指しました。これにより、安定供給および電化促進に寄与しました。この協力を通じて、中小企業を含む日本の技術・製品を積極的に活用することで、優れた技術を有する日本企業の国際展開を後押しすることも目指しています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報