アチョリ地域国内避難民の再定住促進のための給水計画

The Project for Provision of Improved Water Source for Resettled Internally Displaced Persons in Acholi Sub-Region

終了案件

国名
ウガンダ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2013年7月
供与額
9.73億円

プロジェクト紹介

ウガンダ北部は、20年以上にわたり続いた内戦の影響により、基礎インフラおよび社会サービスの整備が著しく遅れていました。特に、内戦中、住民が不在となっていた村落部のインフラ整備は行われず、多くの施設が未整備あるいは破損したままの状況で、内戦終結後に村落に帰還した人々の定住に際して大きな支障となっていました。この協力では、アチョリ地域7県において、ハンドポンプ付深井戸給水施設約116ヵ所および管路式給水施設6ヵ所の整備を支援しました。これにより、同国における地域間格差の是正、また貧困削減に寄与しました。

協力地域地図

アチョリ地域国内避難民の再定住促進のための給水計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 各県地方政府に対するプロジェクトの説明のためのワークショップ(協力実施前撮影、以下写真2〜5まで同様) 

  • 非保護湧水。洗濯に利用されている。 

  • 保護湧水施設。水量が少なく乾季は利用できない。 

  • 水汲みは子どもの仕事となっている。 

  • 試掘調査 

  • 建設中・後啓発活動の様子 

  • アディラン地方都市中心部(以下、RGC)公共水栓(No.10) 

  • キトゥグムマティディRGC公共水栓(No.1) 

  • キトゥグムマティディRGC公共水栓(No.3) 

  • コーナーキラクRGC高架水槽 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。