バイオマス燃料有効活用計画

(The Project for Effective Use of Biomass Fuel)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モルドバ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年6月
事業
無償資金協力
供与額
11.54億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

モルドバは石油・石炭などの鉱物資源に乏しく、エネルギー源の殆どを周辺国からの輸入に頼っており、その費用が国家財政を圧迫しています。また、地方では行政の財政難により、十分な量の燃料を購入できないため、地域の学校などの公共施設にも十分な暖房が行き届かないなど、安定的な暖房供給をいかに確保するかが大きな課題となっていました。この協力では、同国の公共施設に、バイオマス燃料となるペレット製造設備やボイラーなどの機材を整備しました。これにより、エネルギー・コストの削減と、これらの施設での継続的な暖房の確保を図り、住民の生活環境改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報