金融包摂を通じたCCT受給世帯の生活改善・生計向上プロジェクト

(Project on Life Improvement and Livelihood Enhancement of Conditional Cash Transfer Beneficiaries through Financial Inclusion)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ホンジュラス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年2月〜2020年4月
事業
技術協力
課題
貧困削減

プロジェクトの紹介

ホンジュラスでは、国家計画において、貧困問題の緩和と地域経済の活性化が謳われています。同国政府は、「Bono10Mil(ボノ・ディエスミル)」という条件付現金給付制度(CCT)による貧困層への支援に力をいれて実施しています。このプログラムでは、貧困層の福祉依存を避け、世代を越えて受け継がれる貧困サイクルを断ち切ることを目的とし、全国約60万世帯に保健や教育についての条件を課して現金を支給しています。この協力では、同プログラムのより効果的な実施と、戦後日本の貧困からの脱却に貢献した「生活改善アプローチ」の連携モデルの形成を支援します。これにより、同国における連携モデルの普及に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報