電気通信技術(光ファイバー)に係る能力強化プロジェクト

Technical Cooperation Project for Optical Fiber Techniques in Telecommunications Engineering

国名
ブータン
事業
技術協力
課題
情報通信技術
協力期間
2014年4月〜2017年3月

プロジェクト紹介

ブータンでは、通信を含むインフラの未整備が開発の制限要因であるとし、通信インフラの整備を重要課題として掲げています。これまで日本の無償資金協力で整備された無線中継網(全国域伝送網)により、地方間の通信状況は大幅に改善されましたが、各地域内の加入者網の整備は不十分で、通信サービス全体の品質も低い状況です。この協力では、同国の通信網関連技術者に対し、光ファイバーネットワークの設計・施工管理・運用・維持管理に係る人材育成を支援することにより、同国における情報通信技術ネットワークの構築に寄与しました。

協力地域地図

電気通信技術(光ファイバー)に係る能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクト合同調整会議(以下、JCC)での活動方針審議の様子 

  • JCCでプロジェクト活動承認の様子:ブータンテレコム(以下、BT)社長(右)とブータン事務所長(左) 

  • FTTX(光ファイバーによる有線通信の網構成の方式の総称)技術概論セミナーでのBTマネージャ挨拶 

  • FTTX技術概論セミナーでプレゼンを行う山口専門家 

  • BT職員の打ち合わせの様子 

  • パイロットサイトであるジャカールの電話交換局 

  • パイロットサイトであるジャカールは、民族衣装(ゴ・キラ)の生産地 

  • トライアル工事エリアの設計検討の様子 

  • ジャカール電話交換局におけるケーブル引込口での測量の様子 

  • 光ケーブル布設予定区間における現地調査の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。