アンザリ湿原環境管理プロジェクトフェーズ2

(Anzali Wetland Ecological Management Project Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年4月〜2019年3月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

イランのカスピ海沿岸に位置するアンザリ湿原は、渡り鳥の飛来地として知られていますが、人為的影響により環境が悪化していました。これまで日本は、同湿原の生態系保全総合管理調査とともに、湿原管理委員会(AWMC)の設立、水質モニタリング手法の確立、環境教育・エコツーリズム計画の作成などの技術協力(フェーズ1)を実施してきましたが、この協力(フェーズ2)では、フェーズ1で確立されたAWMCのもと、流域管理、廃棄物管理、下水管理、環境教育、エコツーリズム、湿原生態系の6つの技術委員会を設置。複数の関係機関に対する人材育成を支援することで、アンザリ湿原の統合的管理システムの確立を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報