ウガンダ中央部・東部地域灌漑地区開発計画プロジェクト

(The Project on Irrigation Scheme Development in Central and Eastern Uganda)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウガンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年5月〜2016年4月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ウガンダは、水資源に恵まれ、降水量や気温も農業生産に適した自然環境下にあるため、農業セクターは同国の基幹産業になっていますが、農家の平均耕作面積は小さく小規模農家による自給型農業が中心で、灌漑施設整備の立ち遅れにより、大多数の農家は天水に依存した農業を営んでいます。この協力では、ナイル川沿いの対象地域における灌漑開発計画の策定、その中で特定された優先開発地区における実現可能性調査(フィジビリティ調査)およびこれらの調査を通じた人材育成を支援します。これにより、対象地域における灌漑施設の開発可能性の明確化、ひいては、同国の食料安全保障や農業生産性の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子