電力セクターマスタープラン策定プロジェクト

The Project for the Study on Electricity Sector Master Plan in The Hashemite Kingdom of Jordan(Covering the Period of 2015-2034)

実施中案件

国名
ヨルダン
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2014年10月〜2017年3月

プロジェクト紹介

ヨルダンでは、経済成長に伴いエネルギー消費量も増加しており、また、2011年以降隣国シリアでの紛争激化による難民の大量流入の影響を受け消費量はさらに急増しています。同国政府は、2010年に再生可能エネルギー・省エネルギー法が策定されるなど、新たな電源の導入に取組んでいますが、同国全体としての最適な電源供給の実現という視点には欠けています。この協力では、マスタープランの策定に必要となる情報の整理(策定・公開プロセスの確認)や電力需要予測と配電計画の策定などを支援します。これにより、電力分野の長期的なマスタープランの策定と、定期的な更新のための運営体制の構築に寄与します。

協力地域地図

電力セクターマスタープラン策定プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ミニッツ署名 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。