イエジン農業大学能力向上プロジェクト

Project for Capacity Development of Yezin Agricultural University

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2015年11月〜2020年11月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは、農業が国内総生産の36パーセント(2012年)を占めるなど重要分野となっています。イエジン農業大学(YAU)は、同国唯一の農学単科大学で、農業灌漑省および民間セクターの農業技術者や研究員の育成機関です。しかし、YAUでは施設などの不足に加え、教員は農業現場のニーズを踏まえた実践的教育研究指導の経験が不足しています。この協力では、日本の無償資金協力と連携し、YAUにおいて不足している施設や機材の整備を図ったうえで、教育・研究を推進するための組織運営体制の改善、教員の研究能力の改善などを支援します。これにより、実践志向型の研究を推進する教育・研究基盤の強化を図り、質の高い農業分野人材の輩出に寄与します。

協力地域地図

イエジン農業大学能力向上プロジェクトの協力地域の地図

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • イエジン農業大学(以下、YAU)正門 

  • 過去の無償資金協力で供与された実験講義棟 

  • プロジェクト事務所にて、プロジェクトデザインマトリックス(PDM)検討会の様子 

  • パイロット研究の計画作り 

  • チーフ・アドバイザーによる講演 

  • YAU JICA-TCP Special Lectureの様子。プロジェクトでは、教職員、学生を対象とした講演・セミナーなどを不定期に主催しています。 

  • 授業の様子 

  • 学生たちの表情・姿勢はいつも真剣です。 

  • 農園実習の様子。実習は毎日、早朝と夕方行われています。 

  • フィールド調査、農村の様子。プロジェクトでは、ミャンマー中央乾燥地帯でのパイロット研究を準備中です。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。