南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築プロジェクト

(Project for Establishment of an Early-warning System for Infectious Diseases in Southern Africa Incorporating Climate Predictions)

【写真】プロジェクトの様子

国名
南アフリカ共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年5月〜2019年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

貧困が顕著な南部アフリカでは、感染症の流行が人々の生活を脅かしていますが、近年の気候変動の影響により、これまでと異なった地域や規模で感染症の流行が発生する危険性が高いことが考えられています。この協力では、主に気候が流行発生に影響しているマラリア・肺炎・コレラなどの下痢症を対象に、気候変動予測モデルに様々な環境因子の影響を加味した感染症流行予測モデルを開発し、効果的な感染症対策実施のための早期警戒システムの構築を支援します。これにより、危険性の高い時期や地域への適切な予防措置を通じ罹患者数を減らすことを目指しています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報