• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築プロジェクト

南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築プロジェクト

Project for Establishment of an Early-warning System for Infectious Diseases in Southern Africa Incorporating Climate Predictions

実施中案件

国名
南アフリカ共和国
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2014年5月〜2019年5月

プロジェクト紹介

貧困が顕著な南部アフリカでは、感染症の流行が人々の生活を脅かしていますが、近年の気候変動の影響により、これまでと異なった地域や規模で感染症の流行が発生する危険性が高いことが考えられています。この協力では、主に気候が流行発生に影響しているマラリア・肺炎・コレラなどの下痢症を対象に、気候変動予測モデルに様々な環境因子の影響を加味した感染症流行予測モデルを開発し、効果的な感染症対策実施のための早期警戒システムの構築を支援します。これにより、危険性の高い時期や地域への適切な予防措置を通じ罹患者数を減らすことを目指しています。

協力地域地図

南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システムの構築プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 第一回合同調整委員会でプロジェクト文書に署名するプロジェクト代表者 

  • 平成27年1月に開催されたプロジェクト長崎シンポジウム集合写真(最前列中央はペコ モハウ 駐日南アフリカ共和国大使) 

  • リンポポ県ギアニ地区でマラリア媒介蚊幼虫の採集を行う調査員 

  • 媒介蚊の発生予防のための殺虫薬散布訓練を体験する森岡短期専門家 

  • 自動気象観測装置の点検を行うプロジェクト専門家 

  • 新たに供与された機材(地理情報システム関連機材など)の使用方法について説明を受ける保健局職員たち 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。