高潮・洪水被害の防止軽減技術の研究開発プロジェクト

Research Project on Disaster Prevention/Mitigation Measures against Floods and Storm Surges

国名
バングラデシュ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2014年4月〜2019年3月

プロジェクト紹介

3つの国際河川の下流域に位置し、国土の約8割が洪水氾濫原であるバングラデシュでは、人口の増加や社会環境の変化により、サイクロンの発生や洪水による被害が大きくなっています。この協力では、洪水危険度マップおよび高潮危険度マップなどの作成によるリスクコミュニケーション能力の向上を支援します。これにより、同国において地域防災力を有する社会が構築されることが期待されます。

事業評価

協力現場の写真

  • サイクロンシェルター(2階は家畜、3階は人が避難) 

  • ジョムナ川の護岸整備箇所 

  • ジョムナ川の流路変動により進行中の堤防侵食と農地の消失 

  • ヒンドゥコミュニティーでの聞き取り調査(Khulna県のArpangsia村にて) 

  • ポルダー排水不全と土砂堆積により建物の変色している所まで浸水が見られる(Khulna県のKapothakho村にて) 

  • 沿岸洪水対策3点セット(嵩上家屋、雨水タンク、塩水防御シート上の畑) 

  • 流失した堤防に代わる新堤防の建設 

  • BWDB(Bangladesh Water Development Board)オフィスにてティスタ川の洪水処理についてのヒアリング 

  • LGED(Local Government Engineering Department)との協議後の集合写真 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。