• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 微生物学と水文水質学を融合させたネパールカトマンズの水安全性を確保する技術の開発プロジェクト

微生物学と水文水質学を融合させたネパールカトマンズの水安全性を確保する技術の開発プロジェクト

Project for Hydro-microbiological Approach for Water Security in Kathmandu Valley, Nepal

実施中案件

国名
ネパール
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2014年5月〜2019年4月

プロジェクト紹介

ネパールのカトマンズ盆地では、250万人もの人口が集中し、人口増加率も非常に高く、上水道をはじめとする都市生活インフラの整備が十分ではなく、特に給水サービスは不十分で、不適切な維持管理、予算不足などにより既存の施設は老朽化し、計画断水が行われています。また、不適切な下水処理からの地下水汚染も深刻であり、水供給の質と量の両面からの改善は喫緊の課題となっています。この協力では、カトマンズ盆地における上水資源(浅層・深層地下水、表流水、雨水)としての浅層地下水および表流水の処理システムの開発などを支援します。これにより、同地域における上水資源の管理体制の強化に寄与します。

協力地域地図

微生物学と水文水質学を融合させたネパールカトマンズの水安全性を確保する技術の開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 地下水NH4-N(アンモニア性窒素)除去装置・散水式硝化装置 第一・第二槽 (二槽型):Jwagal 

  • オンサイトアナモックス(嫌気性アンモニア酸化)菌群集積培養装置:Jwagal 

  • 簡易型地下水鉄除去装置(スポンジ槽システム):技術研究所(IOE)施設内 

  • 簡易型地下水除鉄装置内部の様子(スポンジ槽システム):IOE施設内 

  • 地下水NH4-N除去装置・散水式硝化、脱窒反応装置外観(一槽型、水素酸化脱窒反応槽):Chysal 

  • 地下水NH4-N除去装置・脱窒槽外観 (水素酸化脱窒反応槽):Chysal 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。