地上デジタル放送日本方式実施プロジェクト

(Implementation of the digital migration project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ボツワナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年8月〜2016年8月
事業
技術協力
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

ボツワナでは、2012年2月にアフリカで初めて地上デジタル放送日本方式(ISDB-T)を採用しましたが、地上デジタル放送送信機は試験放送用の一基のみしかないことに加え、様々な場面において知見・資機材が不足している状況です。この協力では、地上デジタル放送本格導入にあたってのマスタープランやチャンネルプランの作成、ハイビジョン画質による地上デジタル放送の特徴を生かした番組制作技術などに係る活動を通じ、放送サービス局(DBS)が自立して地上デジタル放送を実施できる環境整備を支援します。これにより、ISDB-T の特長を生かした地上デジタル放送が効果的に利用できることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子