南部アフリカ地域持続可能な森林資源管理・保全プロジェクト

(Project for Forest Conservation and Sustainable Management of Forest Resources in Southern Africa)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ボツワナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年6月〜2020年6月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

ボツワナを含む南部アフリカ地域には、世界の約10パーセントの森林が存在するとされており、地域住民の生活・商業利用に大きな価値を有しています。一方で、森林火災に加え森林伐採などにより、毎年森林の減少が続いていますが、南部アフリカの国々の多くが、国家予算の制約や森林資源管理能力の不足などの問題を抱えており、十分な対策ができていません。この協力では、南部アフリカ開発共同体(SADC)事務局を実施機関として、森林情報整備、森林火災対策および参加型森林管理に関する支援を行います。これにより、SADC加盟15ヵ国およびSADC事務局が持続的森林資源管理を推進していくための能力の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報