ナロック給水拡張計画

The Project for Augmentation of Water Supply System in Narok

終了案件

国名
ケニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2013年7月
供与額
13.22億円

プロジェクト紹介

ケニアの国家開発計画である「Kenya VISION 2030」では、水と衛生が開発課題の一つとされ、2030年までに安全な水へのアクセス率を100パーセントまで向上させることを目標としています。同国において給水優先都市の一つであるナロック市は安全な水へのアクセス率が33パーセントと低く、浄水施設の機能不全による浄水能力の低下から、質・量ともに不安定な給水を行っていました。この協力では、同市の中心部14地区において既存浄水場の増設や改修、給水管接続機材などを整備しました。これにより、安全な水が安定的に供給されるようになり、水因性疾患の発生減少に寄与しました。

協力地域地図

ナロック給水拡張計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 北部浄水場の敷地(写真2の協力実施前) 

  • 北部浄水場全景(写真1の協力実施後) 

  • 北部浄水場の電気・操作棟および電気室付近(写真4の協力実施前) 

  • 北部浄水場の電気・操作棟および電気室付近(写真3の協力実施後) 

  • 生活用水の運搬:ナロック市内でもロバの背中に乗せて川の水を汲んで運んでいた。(写真6の協力実施前) 

  • 配水管のフラッシング:浄水場、配水管敷設完了後、より身近にきれいな水が充分量身近なところから得られるようになった。(写真5の協力実施後) 

  • 以前より給水されていた水道水:濁度が高く水質が安定してなかった。(写真8の協力実施前) 

  • 完成後に給水されている水道水:良好で安定した水質の給水が可能となった。(写真7の協力実施後) 

  • No.4 水管橋の設置予定場所(写真10の協力実施前) 

  • 新設されたNo.4水管橋(写真9の協力実施後) 

関連情報