中央銀行業務ICTシステム整備計画

The Project for Development of ICT System for Central Banking

終了案件

国名
ミャンマー
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
情報通信技術
贈与契約(G/A)締結
2013年10月
供与額
51.00億円

プロジェクト紹介

ミャンマーでは、中央銀行の資金決済および証券決済業務が手作業によって実施されており、民主化と経済改革に伴う急速な経済活動の拡大や2015年のアセアン経済共同体への加盟に向け、中央銀行の機能強化が課題となっていました。この協力では、ミャンマー中央銀行における当座預金口座管理や国債登録管理、証券資金同時決裁などのソフトウェアの開発と必要なOA機器およびICTインフラ基盤用資器材の調達・据付を支援しました。これにより、中央銀行の業務効率化を図り金融セクターの近代化に寄与しました。

協力地域地図

中央銀行業務ICTシステム整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)ミャンマー中央銀行(以下、CBM)ネピドー本店の外観。首都の官庁街に位置する。 

  • (協力実施前)CBMヤンゴンのクリアリングハウスで決済尻計算をするCBM 職員。すべて手作業事務。 

  • (協力実施後)ミャンマー中央銀行が各本支店で運営する手形交換所に導入した手形交換所システム(MCH) 

  • (協力実施後)CBM-NETのユーザテストの風景 

  • (協力実施後)CBM-NETのサーバ 

  • (協力実施後)CBM-NET OAのPC端末 

  • (協力実施後)無線LANコントローラ(CBMーOA用) 

  • (協力実施後)CBM-NETプリンタ 

  • (協力実施後)CBM-NETプリンタ 

  • (協力実施後)MICRエンコーダ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。