西部ウガンダ地域医療施設改善計画

The Project for the Rehabilitation of Hospitals and Supply of Medical Equipment in the Western Region in Uganda

終了案件

国名
ウガンダ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2013年11月
供与額
18.17億円

プロジェクト紹介

ウガンダでは、乳児死亡率、5歳未満児死亡率、妊産婦死亡率のいずれもが高く、医療サービスへのアクセス改善が課題となっています。同国は保健インフラ整備を重視していることから、日本はこれまでに東部地域、中央地域と段階的に医療体制の強化支援を行ってきました。この協力では、西部地域の主要地域中核病院の核となる施設の整備および機材を整備することで、地域レファラルシステムが有効に機能することを目指しました。

協力地域地図

西部ウガンダ地域医療施設改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)ホイマ地域中核病院産科病棟 

  • (協力実施前)カバレ地域中核病院手術室内部 

  • (協力実施後)地域中核病院外観 

  • (協力実施後)地域中核病院内部 

  • (協力実施後)地域中核病院内部 

  • (協力実施後)地域中核病院内部 

  • (協力実施後)地域中核病院内部 

  • (協力実施後)機材保守技術指導の様子(講義) 

  • (協力実施後)臨床技術指導の様子(実習) 

  • (協力実施後)中央機材滅菌部門技術指導の様子(実習) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。