ミャンマーラジオテレビ局番組ソフト及び放送編集機材整備計画

(The Project for the Improvement of TV Programs and Broadcast Editing Equipment of Myanma Radio and Television(MRTV))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年11月
事業
無償資金協力
供与額
0.82億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

ミャンマーラジオテレビ局は、同国で唯一全国放送網を有する国営放送局として、民主化や情報格差解消などの政策を推進する役割を担っています。同放送局は、約30年前に日本の無償資金協力により整備された放送編集機材を現在も主要機材として使用していますが、制作・編集されるテレビ番組は、量・質ともに大幅に不足していました。この協力では、同放送局に対し、放送編集機材の整備と、日本の良質な教育・ドキュメンタリー計24番組383本の供与を支援しました。これにより、生活レベルの向上に資するとともに、伝統文化を守りつつ経済発展を遂げた日本の経験が同国民に広く共有され、同国の将来を担う産業人材の育成に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報