アンコール・ワット西参道修復機材整備計画

(The Project for the Improvement of the Equipment for the Restoration of the Western Causeway of Angkor Wat)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年12月
事業
無償資金協力
供与額
0.95億円
課題
都市開発・地域開発

プロジェクトの紹介

カンボジアのアンコール・ワットは年間約100万人の外国人が訪れます。しかし、西参道の中央部分は深い溝により南側と北側に分離されており、これまでも修復作業が行われてきましたが、北側西半分については手づかずのままでした。この協力では、アンコール遺跡の修復・保全活動を行う政府管轄の機関であるアプサラ機構に対し、アンコール・ワットの西参道を修復する上で必要な機材(クレーントラック、小型クローラークレーン、ホイールクレーンなど)の整備を支援しました。これにより、訪問客の安全の確保や、同遺跡の観光資源としての価値の更なる向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報