鉱物資源にかかる行政能力向上プロジェクト

Project on Capacity Development for Mining Administration in Cambodia

実施中案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2014年9月〜2020年3月

プロジェクト紹介

カンボジアは、ボーキサイト・鉄・マンガンなどの様々な鉱物資源の賦存が知られており、今後の経済発展のためにも、これら鉱物資源の開発を積極的に進める取り組みを行っています。これに伴い、探査・採鉱を目的とした企業も増えてきましたが、鉱区管理、鉱山保安などを所掌する鉱業・エネルギー省鉱物総局(GDMR)の知見が不足していることから、企業の鉱業活動の管理を十分に実施できていません。この協力では、GDMRに対し、鉱山保安法案の策定と施行体制の強化や鉱業管理GDMRの人材育成などを支援します。これにより、同国において鉱業開発が安全に実施されることが期待されます。

協力地域地図

鉱物資源にかかる行政能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 鉱業・エネルギー省鉱物総局(GDMR)の建屋:新装となった門構え。 

  • データベース化されるカンボジア全土の地質図(縮尺100万分の1) 

  • GDMR会議室におけるデータベースワーキングチームの会議風景。データベース作成に必要なソフトウェアを確認した後、データベースの専門家がGISの基礎理論や関連ソフトの操作方法などに係るレクチャーを実施した。 

  • 専門家の事務室におけるデータベースワーキングチームの会議風景。プロジェクトにおいてデータベース化する書類の現物を確認しながら、作成するデータベースの項目・内容・形式などについて協議した。 

  • GDMR会議室で「カンボジア王国の鉱山保安法案(原案)」に関してのレクチャーおよびディスカッションを実施。 

  • 鉱業操業者にたいする鉱業保安状況の聞き取り調査 

  • 鉱山採掘切羽調査状況を視察し鉱山保安の状況について確認を行う。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。