ゲシュム島の「エコアイランド」構想による地域のための持続可能な開発計画策定プロジェクト

(The Project for Community-Based Sustainable Development Master Plan of Qeshm Island toward "Eco-Island")

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年11月〜2018年11月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

イランのゲシュム島は、ホルムズ海峡上に浮かぶ貿易・経済の拠点です。周辺には、海産哺乳類などの希少動物の生息場、渡り鳥の飛来地などがあり、またペルシャ湾最大のマングローブ林やサンゴ礁を有している一方、石油・ガス開発や観光開発などにより環境は脅かされ、観光資源の劣化や環境汚染が進んでいます。この協力では、自由特区(15年間の免税など)を除く地域の環境に配慮した地域住民の生活向上および自然資源の保全を目的としたマスタープランの策定、島全体の既存マスタープランへの環境影響評価手法の導入などを支援します。これにより、マスタープランに基づいた同島の持続可能な開発に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報