看護サービス人材育成プロジェクト

Project for Capacity Building of Nursing Services

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2016年1月〜2021年1月

プロジェクト紹介

バングラデシュでは、公的医療サービスの質が十分ではなく、特に保健医療サービスの重要な担い手である保健人材の量的な不足が保健システム全体の中の課題として残されています。なかでも看護人材については、同国政府により長期的な人材育成戦略が制定されましたが、まだ十分な実行に至っていません。この協力では、看護学士課程に焦点をあて、教育の質の向上を支援します。また、看護行政や臨床指導の能力をあわせて支援することにより、看護学士課程の卒業生が中心となって看護サービスの質を向上させ、公的医療施設の保健サービスの質の改善に寄与します。

協力地域地図

看護サービス人材育成プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ダッカ看護大学入口 

  • ダッカ看護大学での口頭試験の様子 

  • ダッカ医科大学病院図書館 

  • ボンゴボンドゥ・シェイク・ムジブ医科大学講義風景 

  • ボンゴボンドゥ・シェイク・ムジブ医科大学看護ステーション 

  • チッタゴン看護大学継続教育センター:老年看護の会議の様子 

  • コックスバザール県病院付属看護学校講義風景 

  • JICAが共催した「全国看護リーダーシップ会議」にて、母性保護サービス強化プロジェクトフェーズ2(以下、SMPP-2)のタジュール・イスラム氏が「Total Quality Management−5Sの経験」について発表(2016年2月14日)。 

  • 同会議にてタジュール氏に続き、SMPP2での活動について発表するノルシンディ県病院の看護師長であるモニカ・ラニ・サハ氏。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。