仏語圏アフリカ水産人材育成プロジェクト

Project for Human Resource Development in Fishery Sector for French Speaking African Countries

実施中案件

国名
モロッコ
事業
技術協力
課題
南南協力
協力期間
2015年3月〜2018年8月

プロジェクト紹介

モロッコは、従来からサブサハラ諸国からの研修員受入などに積極的に取り組むなど、地理的・歴史的、言語的にサブサハラ・アフリカ諸国との関係強化を重視してきました。日本は無償資金協力や技術協力を組み合わせ、1987年から同国の水産セクターに対し、水産教育、漁業振興・普及事業、水産基盤整備などの分野で人材育成支援を行ってきました。この協力では、仏語圏アフリカ諸国の水産業の発展にかかる、効果的な協力が実施できるように同国の実施体制の構築などを支援します。これにより、同国による国際協力の実施体制が継続的に機能し、仏語圏アフリカ諸国の持続的な水産業の発展に貢献することが期待されます。

協力地域地図

仏語圏アフリカ水産人材育成プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

  • 水産物技術開発センター(以下、CSVTPM)の入口に掲げられている日本の無償資金協力にて建設されたことを示す看板。 

  • CSVTPM内の水産加工機材の様子。サブサハラアフリカからの研修員は当該施設を用いて研修を受ける予定。 

  • CSVTPMにて研究が進む海藻・寒天類。プロジェクトではサブサハラ諸国の研修員に対して具体的な研究手法などもニーズに応じて研修する予定。 

  • ララシュ漁業技術学院(以下、ITPM Larache)の外観。当該研修機関で零細漁民支援に関する第三国研修を実施する予定。 

  • ITPM Laracheにて第三国研修の準備会合を進める関係者。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。