ポトシ県南西部基礎インフラ整備促進プロジェクト

Project for Promotion on Development of Sustainable Basic Infrastructure in Southwest of Potosi

実施中案件

国名
ボリビア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2015年10月〜2018年10月

プロジェクト紹介

ボリビアのポトシ県の南西部には、ウユニ塩湖を中心に海外からも多くの観光客が訪れますが、基礎インフラが十分に整備されておらず、観光業を含む産業振興のボトルネックになっています。そのため、地域住民の経済活動、収入機会が極めて限られた状況にあり、同県は全国で最も高い貧困率となっています。この協力では、同県南西部の基礎インフラ整備のための県庁・市役所の事業管理運営能力(技術面、業務管理面)の強化を支援しました。これにより、県庁・市役所による同県の基礎インフラ整備促進に寄与しました。

事業評価

協力現場の写真

  • 対象地域であるポトシ県ポトシ市の展望 

  • 第1回JCC会議にてプロジェクトの概要をカウンターパートに説明する國安総括と溝口副総括(2015/12/18) 

  • ポトシ県事業調整・実施委員会(CCE)で議論するメンバーと日本人専門家(2016/07/15) 

  • ポトシ県庁の職員に深井戸掘削技術を指導する福島専門家(2017/09/07) 

  • 国内研修としてコチャバンバ県サカバ市にて廃棄物処理を学んだ県庁及び市役所職員 (2017/10/26) 

  • 草の根・人間の安全保障無償資金協力のスキームを活用してポルコ市が実施した「Puca Puca地区上水道整備計画」の事業落成式(2017/11/15) 

  • ポトシ県民を対象とした同県庁の一般公開においてプロジェクト紹介をする五月女専門と冨久尾専門家(2018/07/03) 

  • 「家畜・直腸検査」の実践研修にて県庁職員を指導する渡邉専門家(2018/08/08) 

  • 草の根・人間の安全保障無償資金協力のスキームを活用してトマベ市が実施した「El Asiento地区灌漑システム改善事業」の中間検査を行う在ボリビア日本国大使館の山口職員と森本専門家(2018/09/04) 

  • プロジェクト終了後にも能力強化の仕組みを継続できるようポトシ県事業調整・実施委員会(CCE)のメンバーに聞き取りをする県庁人事エリアの責任者Gutiérrez氏(2018/10/12) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。