• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 北部地域における持続的なコミュニティを基礎とした観光開発のためのメカニズム強化プロジェクト

北部地域における持続的なコミュニティを基礎とした観光開発のためのメカニズム強化プロジェクト

Project for Enhancing the Mechanism for Sustainable Community Based Tourism Development in the North Region

実施中案件

国名
ドミニカ共和国
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2016年4月〜2021年4月

プロジェクト紹介

ドミニカ共和国では、1960年代から、外資による大型ビーチリゾート開発を積極的に実施してきました。しかし、この手法では、周辺地域の自然・文化資源が適切に利用されず、地域住民が利益を得る機会が非常に限られてしまうこととなりました。日本の技術協力により、地域性を活かして観光振興を図るためのベースが構築されました。この協力では、その経験をもとに、北部地域の14県において、地域資源を活用したコミュニティベーストツーリズム(CBT)推進のための活動計画の策定、実施を支援します。これにより、CBTが国内外からの訪問者への重要な観光アトラクションの一つとなることが期待されます。

協力地域地図

北部地域における持続的なコミュニティを基礎とした観光開発のためのメカニズム強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • インフォメーションセンターの視察(プエルトプラタ県) 

  • マナティ見学ツアーのエコガイド(プエルトプラタ県) 

  • タンボラ(太鼓)の販売(プエルトプラタ県) 

  • 観光省計画局内での会議の様子 

  • 次官級のプロジェクト会議の様子 

  • 神秘的なグリグリ湖(マリア・トリニダッド・サンチェス県) 

  • 野菜や花の生産で有名なコンスタンサにて(ラ・ベガ県) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。