持続的食料生産のための乾燥地に適応した露地栽培結合型アクアポニックスの開発

(Development of Aquaponics Combined with Open Culture Adapting to Arid Region for Sustainable Food Production)

【写真】プロジェクトの様子

国名
メキシコ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年5月〜2020年5月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

メキシコは、灌漑農業用地下水の枯渇や、塩分の高い地下水の利用による土壌の劣化といった問題を抱えています。この協力では、水の有効活用と土壌の塩類化防止の双方を実現するべく、一歩進んだアクアポニックス(水産養殖と作物の水耕栽培を組み合わせた食料生産システム)の実証と普及を支援します。具体的には、魚やエビを地下水で養殖し、その排水で塩分を吸収する特性をもつ作物を水耕栽培、作物の栽培により低塩化した水で露地栽培を行い、土壌の塩類化防止と水資源を最大限に活用します。これにより、同国内におけるアクアポニックスシステムの普及を通じての産業振興および地域開発に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子