• ホーム
  • 協力形態から探す
  • インドネシアの生物資源多様性を利用した抗マラリア・抗アメーバ新規薬剤リード化合物の探索プロジェクト

インドネシアの生物資源多様性を利用した抗マラリア・抗アメーバ新規薬剤リード化合物の探索プロジェクト

Project for Searching Lead Compounds of Anti-malarial and Anti-amebic Agents by Utilizing Diversity of Indonesian Bio-resources

実施中案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2015年4月〜2020年3月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、マラリアやアメーバ赤痢などの原虫感染症が人々に甚大な健康被害をもたらし、これらの原虫感染症に対し安価で有効性・安全性の高い新規薬剤の開発が急務となっています。この協力では、日本側研究機関との共同研究を通じて、生物資源抽出物(微生物、植物など)から抗マラリア活性・抗アメーバ活性を有する物質の同定、同国研究機関で生物資源を用いた創薬に資する技術・体制の確立を支援します。これにより、同国研究機関の生物多様性を利用した抗マラリア薬および抗アメーバ薬開発に係る研究能力の強化に寄与します。

協力地域地図

インドネシアの生物資源多様性を利用した抗マラリア・抗アメーバ新規薬剤リード化合物の探索プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マルク州サパルア島において、土壌採集を行うプロジェクトメンバー 

  • 写真1で採取した土壌から、菌の分離を行うインドネシア人研究者(インドネシア技術応用評価庁バイオテックセンター) 

  • 本邦研修で、マラリア原虫酵素阻害活性の指導を受けるインドネシア人研究者(東京大学) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。