バゴー地域西部灌漑農業収益向上プロジェクト

(Project for Profitable Irrigated Agriculture in Western Bago Region)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年3月〜2021年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーの農業セクターは、重要産業であり、耕地面積や水資源などにおいて高い開発ポテンシャルを持っていますが、低灌漑率、低生産性により農業開発のポテンシャルが生かされていません。日本の有償資金協力により、少雨かつ灌漑率の低いバゴー地域西部で、灌漑施設の整備・改修並びに農業機械などの整備を行っていますが、その効果増大のためには、同灌漑地域の営農上の課題や灌漑施設の維持管理上の課題に取り組む必要があります。この協力では、灌漑農業による民間企業活動を組み込んだ収益性の高い農業モデルの構築を支援します。これにより、対象地域の農業収益性の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子