地方都市における水道事業強化プロジェクト・フェーズ2

(Capacity Development Project for the Improvement of Water Supply Management in Semi-Urban Areas (WASMIP-2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ネパール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年5月〜2021年3月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ネパールでは、近年の人口増加や経済発展に伴い、飲料水の需要が増加しており、多くの給水施設が建設されています。これら給水施設の維持管理責任は、水利用衛生委員会(WUSC)に移管されますが、維持管理の能力開発などソフトウェアに関する活動はほとんど実施されてきませんでした。この協力では、複数の中小都市のWUSCおよび上下水道省関連部局・機関を対象に、WUSC職員の能力強化を行うためのカスケード式研修体制およびモニタリング体制の構築を支援します。これにより、同国地方部におけるWUSCの運営および施設維持管理の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報