通関電子化を通じたナショナル・シングルウィンドウ構築及び税関近代化計画

The Project for National Single Window and Customs Modernization by Introducing Automated Cargo Clearance System

終了案件

国名
ミャンマー
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
民間セクター開発
贈与契約(G/A)締結
2014年4月
供与額
39.90億円

プロジェクト紹介

経済発展の進むミャンマーでは、輸出入量の急増に伴い、通関手続きの効率化・重点化が重要課題となっていますが、特に2015年のアセアン地域統合を見据え、通関を含む輸出入手続きの簡素化・国際的調和化を目的としたナショナル・シングルウィンドウ(NSW)実現のための包括的な税関システムの構築が急務となっていました。この協力では、日本の技術を活用したミャンマーの電子通関システムの構築ならびにシステム稼働のためのインフラ整備を支援しました。

協力地域地図

通関電子化を通じたナショナル・シングルウィンドウ構築及び税関近代化計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)ヤンゴン税関の現況(通関事務室) 

  • (協力実施前)ヤンゴン税関の現況(通関事務室) 

  • (協力実施後)データセンター外観 

  • (協力実施後)PC端末を使用するミャンマー関税局職員 

  • (協力実施後)機材(端末及び外部モニタ) 

  • (協力実施後)機材(LTOライブラリ装置) 

  • (協力実施後)データセンター外観機材(Router) 

  • 運用開始式典の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。