マナス国際空港機材整備計画

The Project for Improvement of Equipment of the Manas International Airport

終了案件

国名
キルギス
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2015年10月
供与額
16.30億円

プロジェクト紹介

内陸国であるキルギスにおいて、航空輸送は社会経済活動を支える輸送手段として重要な役割を果たしています。同国最大のマナス国際空港は、他国との玄関口、また国内輸送のハブとして重要な役割を担っており、2011年時点で1週間に国際線は232便、国内線は154便が運航されています。特に国際線による旅客数は高い伸び率を示しています。しかしながら、航空保安施設などは老朽化がひどく、安全運航に支障が出るおそれがありました。このため同空港に対し、航空保安機材(計器着陸装置、超短波全方向式無線標識など)の整備を行いました。これにより、同空港の安全性および信頼性の向上を図り、同国における人の移動や物流の円滑化に貢献しました。

協力地域地図

マナス国際空港機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施後)空港用消防車 

  • (協力実施後)空港用除雪車 

  • (協力実施後)ベルトローダー 

  • (協力実施後)航空機大型牽引車 

  • (協力実施後)手荷物カート 

  • (協力実施後)ラバトリー車 

  • (協力実施後)電源車(左) 

  • (協力実施後)コンテナドーリー 

  • (協力実施後)距離測定装置 

  • (協力実施後)ローカライザー空中線 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。