マタディ橋保全計画

終了案件

国名
コンゴ民主共和国
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2014年12月
供与額
5.87億円

プロジェクト紹介

コンゴ民主共和国は、過去の内戦の影響で経済活動の停滞、高い失業率、インフラの整備不足といった数々の課題を抱えています。日本は内戦中、同国への協力を中断せざるを得ませんでしたが、2007年にこれら課題の解決のために協力を再開しました。マタディ橋は1983年に日本の有償資金協力により建設され、日本と同国の友好の象徴となっています。また世界第2位の流域面積を誇るコンゴ川に架かる唯一の橋で、今後その重要性はさらに増すものと考えられます。この協力では、完工後30年が経過し、特に橋の主ケーブル内部の腐食が進行していたことから、これを保全する送気乾燥システムの設置を支援しました。

協力地域地図

マタディ橋保全計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)マタディ橋全景 

  • (協力実施後)マタディ橋全景 

  • マタディ橋 完成式典当日の様子 

  • ハンドロープの再緊張完了状況 

  • ケーブルバンド再締付けおよびキャップの取付け完了状況 

  • アンカレッジコンクリート亀裂補修完了の状況 

  • アンカレッジ亀裂補修および防水剤施工完了状況 

  • 電機設備工 分電盤設置完了状況 

  • アンカレッジ除湿システム設置完了状況 

  • ケーブル送気乾燥システム排気バンド完了状況 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。