治安対策機能強化機材整備計画

(The Project for Improvement of Equipment for Security Enhancement)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2015年1月
事業
無償資金協力
供与額
6.87億円
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

チュニジア政府は2011年の革命以降、治安対策を最重要課題のひとつと位置づけ、積極的に取り組んでいます。テロ対策・治安対策を所管する内務省には、自国内の治安対策のみならず、外国からのテロリストの流入防止まで、全面的な対策が求められており、その対策機能強化が課題となっています。この協力では、チェニス・カルタゴ国際空港外周の監視カメラシステムなどの治安対策設備の整備を行い、治安対策機能の向上を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報