国道一号線橋梁架け替え計画

The Project for Reconstruction of Bridges on Primary National Highway No.1

終了案件

国名
ブータン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2015年3月
供与額
19.56億円

プロジェクト紹介

ブータンは、大部分が山岳地帯であり、道路交通が最も重要な交通・輸送手段の役割を担っています。国内の東西をつなぐ唯一の幹線道路である国道一号線は、東西の連結性を確保する上で主要な役割を果たしています。南下する国道を結ぶ重要区間である一号線のティンプー(首都)~トンサ間に架かる橋梁の中には、老朽化した10橋梁があり、うち3橋が橋長、桁下高さなどから補強や架け替えの必要性が高く、東西連結性の確保が課題となっていました。この協力では、3橋(チュゾムサ橋、ニカチュ橋、ザラムチュ橋)の架け替えを支援しました。

協力地域地図

国道一号線橋梁架け替え計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)チュゾムサ橋:既設橋梁(トンサ側下流より撮影) 

  • (協力実施前)ニカチュ橋:既設橋梁(ティンプー側上流より撮影) 

  • (協力実施前)ニカチュ橋:近隣住民の利用状況 

  • (協力実施前)ザラムチュ橋:既設橋梁(トンサ側より撮影) 

  • (協力実施後)チュゾムサ橋 

  • (協力実施後)ニカチュ橋 

  • (協力実施後)ニカチュ橋 

  • (協力実施後)ザラムチュ橋 

  • 竣工式典 チュゾムサ橋 

  • 竣工式典 ザラムチュ橋 

関連情報