算数副教材作成支援プロジェクト

The Project for Supporting Development of Mathematics Materials for Students' Learning

実施中案件

国名
ハイチ
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2016年11月〜2019年11月

プロジェクト紹介

ハイチでの初等教育における純就学率は、中南米地域の中でも、まだ低い水準となっています。また、基礎教育課程第1、第2サイクル(6年)を終了する生徒は68パーセント、9年生(第3サイクル)を終了する生徒は33パーセントにとどまるなど、教育の質が十分ではなく、その改善が大きな課題となっています。この協力では、中央県の公立校の1~6学年の児童向けの算数副教材の開発と導入を支援します。これにより、中央県の公立校児童の算数の学力向上を図り、児童の主体的な学びの促進に寄与します。

協力地域地図

算数副教材作成支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 棒を書いて数えることで計算問題の答えを出そうとしている児童 

  • 指を使って問題に取り組む児童 

  • 算数の練習問題に取り組む児童とそれを見守る教員 

  • 教育省行政官によるベースラインテストの採点の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。