前期中等数学科教育の質改善プロジェクト

Project for the Improvement of the Quality of Lower Secondary Mathematics Education

実施中案件

国名
グアテマラ
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2017年1月〜2019年7月

プロジェクト紹介

グアテマラの初等教育の純就学率は、内戦終了から間もない1997年では、72パーセント(世界銀行)でしたが、2001年には84パーセントと大きく向上しました。しかし、同年の国家学習達成度評価プログラムでは、児童の習熟度が全般的に低い結果だったため、日本の支援のもと、算数教育の質改善に努めてきました。この結果、小学生の算数の達成度調査ではある程度改善できたものの、前期中等教育の数学においては基準に達した中等前期学生の割合が18.4パーセントと数学教育の質の改善が課題となっています。この協力では、系統的で分かりやすい前期中等3学年分の数学科教科書・教師用指導書の開発と、同教材活用のための教師教育を実施します。これにより、前期中等教育における効率的・効果的で一貫性のある算数・数学教育の実現に寄与します。

協力地域地図

前期中等数学科教育の質改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 第1回合同調整委員会の様子 

  • 診断調査において問題を解く生徒達 

  • 診断調査における数学科教師へのインタビュー 

  • 木根専門家との執筆会議 

  • 元山専門家との執筆会議 

  • エルサルバドル国「初中等教育算数・数学指導力向上プロジェクト」(ESMATE)視察における中学校訪問 

  • カウンターパートによる教科書のバリデーション 

  • 教科書執筆作業の様子 

  • ベースライン調査において問題を解く生徒達 

  • 岡山大学における「中等教育課程における数学教育の質の向上」課題別研修参加 

関連情報