郵便サービス能力向上プロジェクト

Postal Service Capacity Improvement Project

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
情報通信技術
協力期間
2016年6月〜2019年6月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは、国土全域に情報・モノ・金を流通させ、国土の均衡ある発展や国民の生活向上を図って行くためには、国営郵便・電気通信事業体(MPT)が担う郵便サービスが全国で確実に提供される必要があります。しかしながら、郵便配送ネットワークの基盤が十分に成熟しておらず、効率的な郵便配送の仕組みではないことから、輸配送途上での破損事故や送達遅延が発生しています。この協力では、日本の郵便事業に関する経験とノウハウを活用し、郵便サービスの品質の改善を支援します。これにより、対象地域全域において、国民が安価・迅速・確実に利用できる通信・物流サービスの実現に寄与します。

事業評価

協力現場の写真

  • ヤンゴン中央郵便局を内側から見たところ。郵便物を受け付けた後の処理から迅速性と確実性を向上させていきます。 

  • ヤンゴン地域区分局。郵便物の宛先住所を見て区分をするなど、迅速化に向けた課題は多い。 

  • 田舎の小さな郵便局。田舎での物流サービスは郵便局が一手に支えています。 

  • 「みなさんのためのミャンマー郵便」という標語のもと、配達業務の改善にも努めています。 

  • 利用者で賑わうヤンゴン中央郵便局の窓口。ミャンマー全土で均一料金の郵便サービスを発展させていくためには、早くて確実な郵便サービスの提供が不可欠です。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。