水利組合による持続的な灌漑用水管理プロジェクト

(Project for Sustainable Irrigation Water Management through Water Users Associations)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年4月〜2020年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

イラクでは、国際河川の上流諸国において大規模ダム建設や灌漑開発が行われた影響で、下流地域の流量低下が深刻な状況です。また灌漑施設が老朽化しており、機能が低下していることも水資源(灌漑用水)の有効活用を困難にしています。この協力では、国内15県の水利組合管理チームに対して水管理の基礎的な研修を通じた能力強化を行うとともに、イラク南部地域のモデルサイトにおいて参加型灌漑事業計画の開発と水利組合関係機関の能力強化を行います。これにより灌漑用水の効率的利用モデルの開発が図られ、全国への持続的水管理の普及に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報