ビジネス環境改善のための知的財産権保護・法的整合性向上プロジェクト

(Project on Intellectual Property Ritghts Protection and Legal Consistency for Improving Business Environment)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年12月〜2020年12月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発、ガバナンス

プロジェクトの紹介

インドネシアは、外国直接投資の拡大も追い風に、着実な経済成長を遂げてきました。知的財産権制度を始めとしたビジネス関連制度の整備やビジネス関連法令間の整合性は、企業による円滑なビジネス活動を担保する上で不可欠なものです。一方、世界銀行の「Doing Business 2015」では、189ヵ国中114位でビジネス環境の改善は大きな課題です。この協力では、知的財産の審査の質の向上、知的財産事件の処理の予見性の向上、ビジネス関連法令の起草・審査における整合性が向上するよう支援します。これにより、知的財産権を保護する体制の強化を図り、知的財産法を含むビジネス関連法の法的整合性および法執行手続の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報