トンレサップ湖における環境保全基盤の構築

(The Project on Establishment of Environmental Conservation Platform of Tonle Sap Lake)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年4月〜2021年3月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

カンボジアの中央部に位置するトンレサップ湖は、東南アジア有数の漁業生産を支え、メコン川流域の生物多様性の維持に有用な役割を果たしています。しかし、近年の人口の増加や経済発展に伴い、2010年以降、水質悪化、漁業生産量の減少、生物多様性の低下、健康リスクなどの環境問題が顕在化しつつあります。この協力では、同湖に係る環境データベース構築、水環境解析ツールの開発、トンレサップ水環境プラットフォーム構築を行い、同湖の水環境管理のための科学および行政面での能力向上を図ります。これにより、同湖の環境保全を実現するための枠組みの構築に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報