ダルエスサラーム都市交通マスタープラン改訂プロジェクト

(Project for Revision of Dar es Salaam Urban Transport Masterplan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年10月〜2018年5月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ダルエスサラーム市の人口増加は著しく、2030年ごろには1千万人に達すると予測されています。高層ビルの建設も続いており、今後も市内の交通流動が著しく変化する可能性があります。また、同市はザンビア、ブルンジ、ルワンダ等内陸国における回廊の玄関口となっており、市内の交通問題はタンザニアのみならずこれら内陸国の経済状況にも影響を与えています。この協力では、変化が著しい同市における2040年次を目標とした都市交通マスタープランの改定の支援を行います。これにより、都市交通関連計画の策定・実施・管理にかかる能力が向上し、同市の都市交通の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子