ククム幹線道路改善計画

The Project for Upgrading of Kukum Highway

終了案件

国名
ソロモン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2015年5月
供与額
31.88億円

プロジェクト紹介

ソロモンの首都ホニアラ市の中心市街地とホニアラ国際空港を結ぶククム幹線道路は、4車線からなる幹線道路ですが、交通量が最も多い交差点の容量不足や舗装の劣化など複数の要因により、慢性的な渋滞が発生していました。また、排水設備が不十分であるため、雨季には道路が冠水し、渋滞と舗装の劣化を助長していました。この協力では、ククム幹線道路の改修や2014年4月に暴風雨により被災した新マタニコ橋の改修・拡張、旧マタニコ橋の架替など災害に強いインフラ整備を支援しました。これにより、渋滞の緩和と交通の安全性向上を図り、災害復旧・防災および物流の改善に寄与しました。

協力地域地図

ククム幹線道路改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)ククム幹線道路 交通渋滞状況 

  • (協力実施前)市役所前ラウンドアバウト 

  • (協力実施前)ブラ交差点 

  • (協力実施前)旧マタニコ橋の様子 

  • (協力実施前)新マタニコ橋被災後 

  • (協力実施後)道路完成状況 

  • (協力実施後)道路完成状況 

  • (協力実施後)道路完成状況 

  • (協力実施後)マタニコ橋梁完成状況 

  • (協力実施後)中央市場への地下道完成状況 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。