カラ橋及びクモング橋建設計画

終了案件

国名
トーゴ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2015年7月
供与額
31.25億円

プロジェクト紹介

トーゴの南北を結ぶ国道1号線は、同国と内陸国(ブルキナファソ、ニジェール、マリ)とを結ぶ生命線となっています。同線は、急増した大型貨物交通による路面の損傷が著しい区間が多く、雨季の洪水による橋梁の流出も度々発生していました。同国政府は、代替路として国道17号線の整備を推進する中、カラ川を渡る橋梁が存在しないといった課題がありました。この協力では、国道17号線上の2橋梁および取付道路の整備を支援しました。これにより、対象道路の輸送能力の向上、円滑で安定的な国際物流網の整備と基礎的社会サービスへのアクセス向上に寄与しました。

協力地域地図

カラ橋及びクモング橋建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)カラ橋:沈下端(橋上の南部から撮影) 

  • (協力実施前)カラ橋:沈下端(橋下の上流部から撮影) 

  • (協力実施後)カラ橋:左岸側上空から見た様子 

  • (協力実施後)カラ橋:左岸上空から見た取付道路と排水施設 

  • (協力実施後)カラ橋:クモング橋竣工後、既に国道17号線に迂回し、カラ橋を渡るブルキナファソ車籍のクリンカー輸送用ダンプトラック 

  • (協力実施前)クモング橋:道路状況 

  • (協力実施前)クモング橋:クモング川の自動二輪の渡河状況 

  • (協力実施後)クモング橋:左岸側から見た様子 

  • (協力実施後)クモング橋:右岸側上空から見た様子 

  • (協力実施後)クモング橋:右岸側上空から見た全体の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。