アブジャ電力供給施設緊急改修計画

The Project for Emergency Improvement of Electricity Supply Facilities in Abuja

終了案件

国名
ナイジェリア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2016年2月
供与額
13.17億円

プロジェクト紹介

ナイジェリアの電力事情は、ピーク時の需要に対して発電設備容量はその半分程度にとどまっています。加えて送電網整備の遅れから、供給力は発電設備容量よりさらに下回っていました(2013年時)。特に発電施設から遠い首都アブジャやその周辺地域では、送電損失の割合が高く、一日平均8時間程度しか電力が供給されてない状況でした。この協力では、アブジャ連邦首都区(アポ変電所)およびナサラワ州(ケフィ変電所)の機材改修と、変電所の技術者に対する運転・維持管理のための研修の実施を支援し、電力環境の改善を図りました。

協力地域地図

アブジャ電力供給施設緊急改修計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)ケフィ変電所 構内の様子 

  • (協力実施後)ケフィ変電所 電力用コンデンサ据付 

  • (協力実施後)ケフィ変電所 電力用コンデンサ放電コイル据付 

  • (協力実施後)ケフィ変電所 電力用コンデンサフェンス据付 

  • ケフィ変電所 竣工式の様子 

  • (協力実施前)アポ変電所 構内の様子 

  • (協力実施後)アポ変電所 既設132キロボルト 二重母線の様子(接続k所) 

  • (協力実施後)アポ変電所 既設132キロボルト 二重母線の様子(接続k所) 

  • (協力実施後)132キロボルト開閉設備据付 

  • (協力実施後)電力用コンデンサ用保護盤・制御盤据付 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。