カムズ国際空港ターミナルビル拡張計画

The Project for Expansion of the Terminal Building at Kamuzu International Airport

実施中案件

国名
マラウイ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2015年11月
供与額
36.75億円

プロジェクト紹介

マラウイ最大のカムズ国際空港は、ピーク時における航空機の発着集中により、旅客ターミナルの混雑が問題となっています。また、建設後30年が経過し、構造物の損傷、空港内設備の劣化が生じており、利用者の利便性確保のための改修が必要です。日本は、有償資金協力による整備・開港以降、無償資金協力や技術協力を通じた継続的な支援を行っていますが、この協力では、旅客ターミナルビルの拡張および改修と、航空保安機材などの整備を支援します。これにより、同空港の旅客取扱容量の拡大、利用者の利便性の向上および航空機運航の安全性の確保を図り、同国における国内外への人の移動の促進に寄与します。

協力地域地図

カムズ国際空港ターミナルビル拡張計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • エアサイドから見たターミナルビル外観(協力実施前撮影、以下2〜10まで同様) 

  • 中2階から見たチェックインカウンターの混雑状況 

  • 2階から望む中2階パスポートコントロールの現況 

  • 国際線到着出口前の混雑状況 

  • 国内線到着手荷物荷扱場 

  • 展望デッキからの眺め 

  • 既設消火栓の調査の様子 

  • 管制室の管制卓 

  • レーダーアンテナ上部 

  • 既存レーダーコンソール 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。