グラズエ市及びダッサズメ市における地下水を活用した飲料水供給計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ベナン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2016年3月
事業
無償資金協力
供与額
10.71億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

全人口の7割が居住するベナンの地方部の給水率は、依然として低い水準にあります。特に、中部地域は、硬質な基盤岩が広範囲に分布し地下水の利用が困難で、これまで表流水(沼や川に貯まる水)を利用してきました。しかしながら、濾過および浄水作業が行われていないため、不衛生な水による水因性疾患の発生や、水汲み労働による子どもの就学困難など、様々な問題が発生しています。この協力では、グラズエ市およびダッサズメ市において、管路式給水施設を建設し、水管理組織の運営・維持管理体制の向上を支援します。これにより、対象地域における給水率の改善および安全な水の持続的な供給に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報