種子生産・普及プロジェクト

The Project for Rice Seed Production and Distribution

実施中案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2017年11月〜2022年11月

プロジェクト紹介

カンボジアでは農業が主要産業で、特に主要産品のコメは、食糧安全保障のみならず、安定的な経済成長、貧困削減を達成する上で重要な役割を担っています。しかし、コメの生産量が年々増加する一方で、単位面積あたりの収穫量は周辺国と比較すると依然として低い水準にあります。コメの生産性向上・付加価値向上には、市場ニーズに合った優良種子の利用が不可欠ですが、その生産技術の未熟さ、検査・認証制度の未整備、優良種子に対する農家の認識の低さなどが課題となっています。この協力では、対象4州において、優良種子生産技術の向上、認証・検査システムの導入、ビジネス復興を行うことにより優良種子生産システムの構築を図り、全国の農家による優良種子の利用促進に寄与します。

協力地域地図

種子生産・普及プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プレイベンでの収穫研修(坪刈り、プレイベン州)(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • プレイベン州での収穫研修参加者(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • 種子生産研修で女性参加者(プレイベン州)(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • 収穫研修(乾燥・選別、プレイベン州)(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • 省力化が期待されるカンボジア製の動力播種機(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • 圃場管理研修1)(雑草管理、プレイベン州)(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

  • 圃場管理研修2)(雑草管理、プレイベン州)(写真提供:株式会社タスクアソシエーツ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。