道路災害管理能力向上プロジェクト

(The Project for Capacity Development for Road Disaster Management in the Republic of Tajikistan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タジキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年4月〜2020年8月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

内陸国のタジキスタンは、国内の貨物・旅客輸送を道路交通に依存しています。国土を縦断・横断する国際幹線道路は、アジアハイウェイやCAREC回廊(Central Asia Regional Economic Cooperation Corridor)に指定されて重要な機能を果たしています。しかしながら国土の約9割が山岳地帯であるため、冬季には雪崩などの雪害、春季には雪解け水による洪水被害・落石・地すべりが頻発しているものの、十分な災害復旧体制がとられておらず、また災害管理に必要なデータベースもない状況です。この協力では、同国運輸省および対象地域の道路管理事務局(SETM)において、道路災害管理の体制面や技術面の指導を行うことにより、これら関係機関と道路維持管理事務所(SEHM)が道路災害管理を効果的に行うための能力の向上を図り、対象のSETM、SEHMが管理する国際道路・国道における道路災害の軽減に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報