クリーン農業開発プロジェクト

(Clean Agriculture Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年11月〜2022年11月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ラオスにおいて農業は、労働人口の7割以上が従事し、GDPの26パーセント(2012年)を占める重要産業です。同国では食の安全性を向上させるためにクリーン農産物の生産(クリーン農業)を推進していますが、農薬・化学肥料の投入が少ないその生産・供給の安定化と、民間セクターの参入による国内外マーケットにおける販売促進が課題となっています。この協力では、17県のうち4県を対象地域とし、その約800〜1,200農家にクリーン農産物の生産や品質管理等の技術向上の支援を、中央・県・郡の農林省職員には技術指導や体制強化の支援を行います。さらに、流通業者や購買者にクリーン農業の価値を広く理解してもらい、需要を喚起するための啓発活動を支援します。これにより、クリーン農産物の生産・供給の拡大と、市場ニーズへの対応や販路拡大を図ることを目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報