大気汚染対策能力向上プロジェクト

(Capacity Development Project for Pollution Control)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コソボ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年9月〜2020年8月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

コソボでは、大気汚染による健康被害が懸念されています。中でも国内の電力供給のほとんどを担う石炭火力発電所から発生する排ガスが大きな原因とされています。環境空間計画省(MESP)が大気環境管理システムの確立に取り組んでいるものの、その測定技術が不十分なため、日本は「大気汚染対策アドバイザー業務」を通じて同省の能力強化を行ってきました。この協力では、MESPおよび関連機関に対して更なる大気汚染対策にかかる能力向上を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報